• Facebook
  • Twitter
  • G+

抽選で毎月25名様に「お子さんがWEB動画デビュー」チャンスが当たる! 【応募受付期間】11月10日(火)〜5月31日(火)

キャンペーン概要

お子さまとの「歌いかけ」、「読み聞かせ」をしている様子を撮影した動画を、このサイトの応募フォームから投稿しよう!
抽選で毎月25名様に、Baby Kumonの新しいCMに自分の自慢のお子さまが出演しているかのようなWEB動画をYouTubeに限定アップロードをしてプレゼントします。
「歌いかけ」、「読み聞かせ」でお子さまが喜ぶ笑顔をぜひ、この機会に撮影してみてください。

※参加対象年齢目安:0~2歳
※お子さまだけ映っている動画でのご応募も可能です。
※Baby Kumonに入会していない方でもご応募いただけます。
※WEB動画の視聴可能期間は、2016年10月31日(月)までです。
※編集した動画データそのものを「データファイル」としてプレゼントするものではありません。

応募期間終了のお知らせ

Baby Kumon WEBムービー プレゼント
キャンペーンの受付を終了いたしました。
たくさんのご応募ありがとうございました!

キャンペーンにご応募いただいた方のWEB動画は
▼ こちらからご確認いただけます ▼
みんなのWEB動画ギャラリー

専門家コラム

東京医科歯科大学
大学院医歯学総合研究科教授

泰羅 雅登 先生

良い刺激で、「心の脳」を育てましょう。

赤ちゃんは言葉の意味を理解しているわけではないのに、歌いかけ・読み聞かせによって、笑ったり、悲しんだりします。これは、感情をつかさどる大脳辺縁系、つまり「心の脳」に働きかけて育てているのです。
また「心の脳」は、怖い経験は避け、楽しい経験はもっとやりたいというように、行動の抑制(しつけ)や動機づけ(やる気)にも強く関係しています。つまり、「心の脳」は心の動きだけでなく、生きるための行動を決める大きな役割を果たしているのです。脳は使わなければ発達しません。あかちゃんのときから、歌いかけ・読み聞かせなどの良い刺激で、「心の脳」を育てましょう。

白百合女子大学 人間総合学部教授
生涯発達研究教育センター所長
日本子育て学会常任理事

田島 信元 先生

「ことばのやりとり」が大きな役割を果たします。

0~2歳の段階からお母さんと「やりとり」をすることで、多くの人とコミュニケーションする力が高まり、それが将来の「自分で考える力」に直結することが発達心理学からも明らかになっています。子どもは本来、「自ら学び・考える力」を持っています。この「自ら学び・考える力」の発揮には、お母さんとのあたたかな「ことばのやりとり」がとても大きな役割を果たします。大切な0~2歳の時期に、親子で楽しく「やりとり」をしながら、お子さんが積極的に学んだり、考えたりする体験を最適にサポートするBaby Kumon をおすすめします。

送信中...